2020/07/13

Orbital2の導入方法

1. USB通信用ドライバのインストール

こちらからご使用中のOSのバージョンに対応したドライバをダウンロードし、インストールをお願いします。 移動したページにてドライバ(SILICON LABS)をダウンロードします。Windows 10 Universal(v10.1.8)用のダウンロードのソフトウェア「VCPをダウンロード」をクリックするとzipファイルがダウンロードされます。

ダウンロード完了後、zipファイルをダブルクリックし、ファイルを「展開」してください。
解凍後、下記画像のようにフォルダ内のx64のファイルを右クリックし「管理者として実行」を選択してください。
※ zipファイルを「展開」してからインストールを行わないと正常にインストールができません。必ず「展開」をするようにしてください。

ドライバのインストールが完了したら、PCを再起動してください。
※編集中のファイルなどがありましたら、インストール完了前に一度保存してください。

2. Orbital2アプリケーションインストール

ダウンロードページからOrbital2アプリケーションをダウンロードします。
ダウンロード完了後、ダウンロードされた.exeファイルを右クリックし、「管理者として実行」をクリックしてください。

クリック後、「詳細情報」をクリックします。

クリック後、「実行」ボタンが表示されるので、クリックしすると自動的にインストールがされます。

Windowsの設定画面を開きます。
下記画面の下部にある「更新とセキュリティ」を押下してください。

「更新とセキュリティ」の画面に遷移後、
下記画面の左側にある「Windows セキュリティ」を押下してください。

「更新とセキュリティ」内の「Windows セキュリティ」の画面に遷移します。
下記画面上部の「Windows Defenderセキュリティセンターを開きます」を押下してください。

押下すると、別ウィンドウにて「Windows Defender セキュリティセンター」が開きます。
下記画面の左側のメニューにある「アプリとブラウザー コントロール」を押下してください。

「アプリとブラウザー コントロール」に遷移します。
下記画面の「アプリとファイルの確認」内の保護の種類の中の「警告」を押下してください。
「警告」にすることで、Orbital2アプリケーションを正常にインストールすることが可能になります。

3. Orbital2とPCの接続方法

USBケーブルをOrbital2とPCに接続後、タスクバーのアイコンの中の「接続する」をクリックしてください。
グロウリングが光れば正常に接続が完了しています。

4. Orbital2の持ち方について

手の側面を作業机に沿うように置き、親指をオービタルエンジンの頂点に、 人差し指をジョイスティックの上部に添え、Orbital2を抱えるようにお持ちいただく事によって、 最もストレスなくOrbital2を操作する事が出来ます。

記事一覧へ ページトップへ