2021/06/01

【 デザイナー : nocco. 】ガイドを見ながら操作可能!複数キーのショーっとカット登録を楽々ワンプッシュ!

【 今回のクリエイター 】
nocco.

デザイナー。
きのこをモチーフにしたテキスタイルデザインを制作し、
自分のブランドnocco.を8年近く続けています。

Twitter:【nocco.】
Instagram:nocco.kubo

【 普段のクリエイティブ作業 】
ー 普段、どんな職業でどんな活動されていますでしょうか

nocco.のデザイナーとして主に布地で制作する商品のデザインをします。
作品によっては自分で縫製まで行うものもあります。
パッケージやラッピングのデザインも行っています。

ー どんなクリエイティブソフトを使用して、どのようなデザインに携わられていますか。

Adobe IllustratorやAdobe Photoshopなどを使って制作しています。
自分で描いたきのこのイラストやデザインをAdobe Illustratorでテキスタイルパターンにし自分のブランドの作品として制作しています。
きのこモチーフの毒々しいイメージからすこし外した、生活のなかで使いやすいデザインをメインにカジュアルに使えるものから少しポップなものもふえました。
きのこが好きな人だけでなく多くの人に手に取ってもらえるよう心地よい色彩なども考えデザインしています。

ー デザインを制作する際のワークフローを教えてください

作りたいデザインによりますが、iPadやアナログでアイデア出しをし、それにあった素材や原画を作っていきます。
パターンデザインに使う1つずつの絵をAdobe Photoshopなどで描いたり、紙にペンで描いたものを読み込んで使用することもあります。
Adobe Illustratorのパターン機能でそれらをパターン化し、柄にして布地などに使えるようデザインします。
きのこ柄を使いやすく、というのをコンセプトにしているので、毒毒しくなりすぎないようなデザインやぱっと明るくなるような色合いなどを工夫しています。

ー デザインやクリエイティブを制作する上で、今後挑戦したいことはありますか?

きのこの作品を多様に作ることによって世の中のモチーフにきのこが定番化したらいいなと思っています。動物や植物のように大きなジャンルとして菌類が選択肢に上がってくると嬉しいです。
自分の制作としては自分が欲しいなと思ったものをデザインして作るといった形をとっていますが、今後いろいろな企業の方や販売店さんに興味をもってもらえるのならきのこデザインの製品の幅をさらに広げていけるような活動をしていきたいです。
ブランドの10周年も近いので活躍の幅が広がっていったら良いなと思っています。

【 nocco.さんの作業環境 】
ー 普段の作業環境を教えてください

MacとWacomのペンタブを使用しています。
ペンタブの奥にキーボードを設置しているのでショートカットキーを押すのにはかなり手を伸ばす状態です。

【 Orbital2について 】
ー 左手デバイスを使っていたときの印象はいかがですか?

初めて左手デバイスを使用したので、操作を覚えるのが不安でしたが、キーも表示されますし慣れていったら感覚で使用できるのがよかったです。
ショートカットキーをなかなか覚えられなかったりしていたので左手デバイスの方が向いているかもと思いました。

ー Orbital2を使用してみていかがでしたか?

初めて使用した時
見た目がスタイリッシュなので設定や操作が難しそうかなと怖がっていましたが、実際さわってみたら機械に疎い私でも使用できました。
どこに何を登録したかもすぐに見れるのがありがたかったです。

使い込んだ時
登録したボタン一つでツールの切り替えができるので作業が早くなったような気がします。両手で押さなければならなかったショートカットキーに手を伸ばすことが無いのも嬉しいです。

ー また、Orbital2にどのようなショートカットキーを登録しましたか?

ツールの切り替えやよく開くパネルの表示、クリッピングマスクのショートカットキーなどを登録しました。
パターンも製品にあわせ調整しながら編集することもあるのでパターン編集のショートカットや位置の調整に使っていたキーなども。
あとは単純によく使うコピー&ペースト、画面の拡大縮小などですね。連続して使うキーなのでとても便利でした。

ー Orbital2の一番使い勝手が良かった機能はありますか?

ショートカットキーを覚えいなくていいのが便利です。
オブジェクトの中でパターンだけを移動して位置を調整する際に使用するキーをFlat Ringの下部に追加しました。テンプレートなどに柄を当てはめたときに柄の位置だけをもう少しずらしたいなという時に使っています。
左手で押すには遠い位置のキーだったので手元で操作できて個人的には一番使っています。
また、オブジェクトの変形をしたいとき変形パネルを使用し、パターン制作の際にパターン機能を使います。普段図形を組み合わせてパターンを制作するので、よく開くパネルを入れておいたら便利かと思い、Flat Ringに設定しました。

ー Orbital2のおすすめの設定方法や便利な使い方はありますか?

自分がよく使うコマンドを一番押しやすい位置に、スティックには拡大縮小、戻る進むなど感覚的に覚えやすい操作に設定していくのが良いと思います。

ー Orbital2を今後こう活用したい・してみたいなどありましたら、教えてください

よく使うツールを登録するだけでもとても便利でしたが、もっと細かい設定もできるようなのでよくやる仕上げの操作などを登録したりできたら時短になりそうだなと思いました。

【 最後に 】
ー これからご購入を検討されている方へのメッセージなどがあればお願いいたします。

左手デバイスを使うのが初めてで機械の設定があまり得意ではない私でも自分でカスタマイズして簡単に使用することができましたし、なにより作業効率が上がるのでとてもオススメです。
設定画面ではさらに細かくカスタマイズできる機能も多数備わっていて、深く使いやすさを追求したい方にも満足されるこだわりの製品なんだなと思いました。
ぜひ使ってみてください。

▼ nocco.さんのオリジナルプロファイル
「Adobe Illutrator」にて、お使いいただけるプロファイルをご提供していただきました!
Macをお使いの方は こちら
※クリエイターの方からいただいたプロファイルのみを配布しているため、OSやキーボード配列によってはプロファイル配布がないものもあります。
ご了承ください。

記事一覧へ ページトップへ