2020/04/02

ロンドンに本拠を置く制作会社のクリエイティブディレクターが感じた Orbital2 とは?

【 Valeria Meng 】
ー Valeria さんの略歴

こんにちは、わたしの名前はバレリアです。
私はアイズオンウオールの共同設立者であり、またクリエイティブディレクターです。
ロンドンに本拠を置く制作会社で、プロジェクションデザイン、ビデオ制作、ポストプロダクションの仕事をしており、ドイツ語、英語、ロシア語の3つの異なる言語の編集に力を入れています。

ー 顧客をどのように獲得していますか?

現在フォーミュラーワンのパイニーDJなど様々なプロジェクトを抱えています。
他にもいくつかのイベントやお祭りの準備をしています。
そのため演劇の舞台を撮影していますが、編集が必要なビデオが沢山あります。

私の仕事は殆ど動画ベースでそのため、プレミアムセンサーを使っていました。
私が使いたいショートカットはプロジェクト毎に違うのでその都度セットアップが必要かもしれません。
私はAdobe Premiere Proをデフォルト設定にするのが好きで「スペースバー」を使っています。
巻き戻しは「J」「K」「L」キーで早くします。 他にも基本的なショートカットとして、クリップコントロール「K」やクリップ「D」を使います。

【 Orbital2について 】
ー Orbital2の印象を聞かせてください。

このディバイスは左手を乗せるだけなんです。
いつも手元にあるので動き回る必要がなく、より良い姿勢で仕事が出来ます。
そして私が必要な機能のボタンを押せばいいんです。
Orbital2を正確に左右に動かしたり回したりする動作はとても優雅に見えます。

私はプレミアムのツール選択を変えたいと思います。
なぜならディバイスの異なるモードに出入りする代わりにマウスを使うとあまりにも時間がかかるからです。

この小さなディバイスは本当に素敵です。これからOrbital2がどのように発展していくのか本当に楽しみです。
そしてより良い仕事ができるようこれからOrbital2を使うのが楽しみです。

Orbital2のレビューはこちら ページトップへ