2019/07/25

5. すぐに始められる設定【Adobe Illustrator】

すぐに始められる設定【Adobe Illustrator】

Adobe IllustratorをOrbital2での使用方法をご紹介します。 Adobe Illustratorは、オブジェクトの操作/色の変更/文字のデザイン/イラストや漫画を制作します。 また、グラフィックの管理などを行います。これらの作業時に便利な設定の一部をご紹介します。

段落や文字の制御

「段落の左・右・中央揃え」「均等配置の段落操作」「 文字のアウトライン化」 「文字の装飾」「文字間の調整(カーニング)」「特殊文字の挿入」など、 Adobe Illustratorでよく利用する作業を効率的に行うことかできます。 特に、文字サイズやカーニング処理などの「量」を制御する場合に、 オービタルエンジンを使用すると便利です。 オービタルエンジンのダイヤル機能に「量制御」を割り当てることで、 ツマミをひねってボリュームを制御することができます。

「段落」パネルの事例を用いて、具体的なOrbital2の使用方法を解説します。

1)段落の揃えで、デフォルトは左揃えです(左・中・右揃えにそれぞれショートカットがあるので、 Orbital2にも割り当てることができます)。
2)テキストボックスに対して一行目左にインデントを設定する場合、 「段落」パネルの各数値ボックスをTabキーで移動して一行目左インデントの数値を入力します。
3)このとき、オービタルエンジンのクリック機能に「tab」キーを割り当てることで、 各数値ボックスをOrbital2を操作することで簡単に移動することができます。 また、ダイヤル機能に数値増減を割り当て ておくと、 目的の数値ボックスを選択している状態での数値増減を簡単に行うことができるようになります。

オブジェクトの制御

Orbital2には、オブジェクトを操作するためのツール切り替えも割り当てることができます。フラットリングのボタンにツールに切り替えるボタンをそれぞれ割り付け、 同時にプロファイルをツールごとに最適化することで作業を、「フラットリング」+「オービタルエンジン」で効率化することができます。

記事一覧へ ページトップへ