2019/07/25

4. Orbital2 導入方法【Mac版】

Mac環境でのOrbital2アプリケーションの導入方法
1. USB通信用ドライバ(SILICON LABS)のインストール

こちらからご使用中のOSのバージョンに対応したドライバをダウンロードし、インストールをお願いします。

移動したページにてドライバ(SILICON LABS)をダウンロードします。MAC OS X(v5)用のダウンロードのソフトウェア「VCPをダウンロード」をクリックするとdmgファイルがダウンロードされます。

ダウンロード完了後、dmgファイルを選択し、ダブルクリックを行い、マウントをしてください。
解凍後、フォルダを開き、「Install CP210x VCP Driver」を選択し、インストールを開始してください。

ドライバのインストールが完了したら、PCを再起動してください。
※編集中のファイルなどがありましたら、インストール完了前に一度保存してください。

2. USB通信用ドライバ(Prolific Drivers)のインストール

こちらからご使用中のOSのバージョンに対応したドライバをダウンロードし、インストールをお願いします。
下記ページからドライバ(Prolific Drivers)をダウンロードします。
Mac:PL2303 Prolific macOS/OS X 10.9,10.10, 10.11, 10.12 and 10.13 v1.6.1をクリックするとzipファイルがダウンロードされます。

ダウンロード完了後、zipファイルを選択し、解凍してください。
解凍後、フォルダを開き、パッケージファイル(.pkg)を選択し、インストールを開始してください。

ドライバのインストールが完了したら、PCが再起動します。
※編集中のファイルなどがありましたら、インストール完了前に一度保存してください。

3. Orbital2アプリケーションのインストール

ダウンロードページからOrbital2アプリケーションをダウンロードします。

ダウンロード完了後、ダウンロードされた.dmgファイルをダブルクリックをしてください。
インストールが開始されます。

インストールが完了すると、下記画面が表示されますので、Orbital2アプリケーションをアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップで移動させ、完了になります。

4. ABCキーボードの追加

Orbital2アプリケーション導入完了後、システム環境設定を開き、キーボードを選択してください。
入力ソースを選択し、左下の+ボタンを押してください。

左のリストから英語を選択後、右側のリストに記載された「ABC - Extended」という項目を選択し、画面右下の追加ボタンを押してください。
※ OS X 10.10 Yosemiteをお使いの方は、「US - Extended」を追加してください。

5. セキュリティとプライバシーの設定
ドライバーの許可

システム環境設定を開き、セキュリティとプライバシーを選択してください。
右下のこのまま開くボタンを押してください。

開くボタンを押した後、ドライバーのインストールが開始します。

アプリケーションの許可

上記設定後、もう一度システム環境設定を開き、セキュリティとプライバシーを選択してください。
右下のこのまま開くボタンを押してください。

開くボタンを押した後、Orbital2アプリケーションが起動します。

アクセシビリティの許可

Orbital2アプリケーション操作時に下記ダイアログが表示されましたら、「”システム環境設定”を開く」をクリックします。

クリック後、下記セキュリティとプライバシーのダイアログが開きますので、「Orbital2」のチェックボックスにチェックを入れます。チェックすることで、Orbital2アプリケーションによるショートカットキー入力を許可します。

※アプリケーションが表示されていない場合は、「+」をクリックしてOrbital2アプリケーションを追加後、チェックボックスにチェックを入れてください。
System Eventsの許可

同様に System Events への許可も行う必要があります。 最初にキーの長押し機能を使う際は、以下のような画面が表示されますので、「OK」をクリックしてください。

クリック後、以下の画像のようなセキュリティとプライバシー画面が表示されますので、「Orbital2」のチェックボックスにチェックを入れます。チェックすることで、Orbital2アプリケーションによる長押し入力を許可します。

Orbital2のアップデート、違うバージョンをインストールしたい場合

システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

クリック後、右端の「プライバシー」のタブをクリックし、「アクセシビリティ」を選択します。

「Orbital2」を選択してから「ーボタン」をクリックし、設定から消去します。

消去後、再インストールしたOrbital2アプリケーションを追加します。「+ボタン」をクリックします。

アプリケーションフォルダからOrbital2アプリケーションを選択し、「開く」をクリックします。

クリック後、追加されたことが確認できます。

6. Orbital2とPCの接続方法

USBケーブルをOrbital2とPCに接続後、メニューバーのアイコンの中の「接続する」をクリックしてください。
グロウリングが光れば正常に接続が完了しています。

7. プロファイルの導入方法

代表的なソフトウェアのプロファイルはアプリケーションに同梱されています。
まず「作成」をクリックしてください。

「推奨設定からプロファイル読込」より、お好みのソフトウェア名を選択してください。
各ソフトウェアの代表的なショートカットキーを登録したプロファイルが読み込まれますので、お好みで編集後、保存ボタンを押して保存してください。

その他ソフトウェアのプロファイルに関してはポータルサイトにて配布しています。こちらからダウンロードして下さい。
一から新規作成する場合は、「新規プロファイル作成」をクリックし、作成・保存してください。

システム環境設定を開き、セキュリティとプライバシーを選択してください。
右下のこのまま開くボタンを押してください。

開くボタンを押した後、Orbital2アプリケーションが起動します。

記事一覧へ ページトップへ